Latest Posts

葉山町うみが見えるH様邸煙突工事

本日は神奈川県の葉山町で薪ストーブの煙突工事をやってきました。

屋根の上からは街並みが一望でき、さらにその向こうには海まで見えて、仕事で来たことを忘れしばらく景色を眺めてしまいました。

屋根の上の景色

当初の予定ではもう少し後になってから煙突工事に伺うつもりだったのですが、諸事情で真夏の煙突工事となりました。

実は、建築工事で造作して頂いたチムニーに雨養生で貼ってあった防水紙が、なんとトンビにつつかれて破られてしまったそうなんです。
そんな何とも葉山町らしいエピソードで困っているとのことで急遽、貫通部の煙突工事にやってきました。

トンビも新しいお家が見たかったのかもしれませんね。

 
それでは早速、煙突工事に取り掛かりましょう!
チムニー ルーフサポート

造作して頂いたチムニーの養生を剥がして、煙突にルーフサポートと呼ばれる煙突の荷重を受ける部材を取り付けチムニーにしっかりと固定していきます。

断熱二重煙突は1mの長さでも10㎏程の重さになりますので、こういった支持部材を数か所に設置し重さを分散させて設置します。

結露対策 屋根上の煙突

さらにここから、防水・気密性・防音性を高める処理や結露対策を施して、フラッシングを納めてトップを設置していきます。

これで屋根上の作業は終了です。

いやー熱かった!!

作業中、滝のように汗が出てきます。

常時水分補給!!

2リットルのペットボトルでは足りません。

振れ止め設置 断熱工事

さて次は室内の作業です。

ここには振れ止めと呼ばれる部材を取り付けていきます。
これは煙突の荷重を支えるものではなくあくまでも煙突が振れるのを防ぐ為に設置する部材です。

一般的な木造住宅の場合は、天井付近に荷重を受けられる構造材がくることは少ないので、この下でもう一か所荷重を受ける支持部材を取り付けます。

その後は、また断熱工事をしてステンレス製の化粧板で開口部を覆います。

フラット化粧板

これにて本日の作業は終了です。

ちなみに壁が格子状になっていますが、これは竹木舞といって伝統的な日本建築の内壁の下地です。
竹木舞に泥を塗って土壁にするわけです。

土壁は調湿作用がありますから、湿気の多い日本の風土にはあっている工法と言われています。
今ではなかなか見る機会はないので、良い経験でした。

H様邸外観

とても立派な家屋であっけにとられてしまいました。

手間と技をかけて建てられているこちらのお宅は今度は10月頃に本体設置にお伺いさせて頂きます。

工事も終盤に差し掛かっていると思いますので楽しみです。

千葉県の既存住宅にて薪ストーブと煙突と炉台の全工事

本日は千葉県に既存住宅の薪ストーブの設置、煙突工事、炉台工事に行ってきました。

台風一過の晴天でおまけに梅雨明けという事もあって、気温は35度超え。。。
非常に蒸し暑い一日となりましたね。

それでも風があった分、いくらか作業には良い環境でした。

 
さて、そんな本日の工事は一階部分の壁から煙突を貫通させて、外壁に沿って屋根上まで煙突を立ち上げていく工事です。

今回は既存の住宅ですので、開口部分の造作など大工工事まで全て当社で行いました。
まずは貫通する壁の構造をしっかりと把握するところからスタートです。

床下

建物の図面を頂いていたので、貫通する壁に筋違があることが分かっていましたので、その確認です。
床下に潜って筋違の向きを確認しました。

 
その間にいつものように周りを養生していきます。

養生間仕切り養生
お客様が住まわれている中での工事は、周りを汚さないように養生をしっかりと行っています。

壁の開口造作めがね石

貫通部分の開口を開け、不燃材で出来ているメガネ石を取り付けました。

こちらのお宅は高気密住宅という事で、メガネ石の四方、煙突周りの隙間もしっかりとコーキングで塞いで、気密性を維持しています。

煙突工事断熱工事

外部工事では断熱工事や防水工事、煙突工事とドンドン進んでいきます。
こういった見えないところでのクオリティに東京ストーブは特にこだわっています。

外部煙突工事

外壁部分に煙突が立ち上がっていくと建物により雰囲気が出てかっこいいですよね。

個人的には排気の効率などを抜きにして、見た目の部分では屋根を貫通させるよりも、外壁に煙突が立ち上がって?いる方が好きですね。
そしてなんといっても目立ちます。

というわけで、煙突は無事に完成!
R0040375

続いて室内側も完成です!
ネスターマーティンS43給気口

今回は薪ストーブ用の給気口も新設しました。

 
そして、今回使用している炉台炉壁はダッチウエストジャパンから販売されているハースクラシックスというパネルタイプのものです。
簡単に設置することが出来る優れ物で、タイル工事が不要な分、工期短縮することができます!

見た目も渋くてとても良い雰囲気がでていますよね!
バリエーションも4パターンあるので、お部屋の雰囲気に合わせてお選び頂けます。

 
薪ストーブは当社でも人気の高いネスターマーティンS43のB-TOPモデルを設置させて頂きました。
人気の秘密は燃えている炎を見ると納得といった感じです。
気になる方は是非ショールームへお越しください。

今回も実際にショールームで焚いている所をご覧になってとても気に入って頂いたので、今から火を入れるの楽しみにされていました。

 
お取扱説明に伺うのはシーズン前の10月頃なので、それまではインテリアとして楽しんで頂ければと思います。

それではまた!

世田谷区にて薪ストーブの煙突掃除

真夏日となった本日は東京都世田谷区にて薪ストーブの煙突掃除でした。

東京ストーブのショールームからすぐ近くのお宅ですが、約2年前に設置させて頂きました。

今回が初回メンテナンスですが、早速煙突の中を見ていきましょう。

煙突の中掃除前チムニー

ご覧の通り、住宅密集地なのでシーズン中は基本的に日が落ちてから使用しているそうですが、煙突の状態はタールもなく良好でしたよ。

DSCN0742

薪ストーブはヨツールの人気機種F400で、ホウロウ仕上げのアイボリーエナメルというカラーになります!

ホウロウコーティングされていない塗装タイプの物と比べるとお値段の差はありますが、とても高級感がでてカッコいいですよね。

それに、ホウロウタイプは表面がつるっとしているので、お掃除の際に汚れが落ちやすいという利点もあるんです。

この暑い夏の時期にはインテリアとしても、涼しげな雰囲気を醸し出してくれていますね。

久喜市と練馬区にて薪ストーブの煙突掃除

連日暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ここ数日、いきなり30度を超える真夏日が続いて、体が付いていかず熱中症になってしまった方も多い様です。
しっかりと水分と休息と対策をとって、気を付けていきたいですね。

という事で本日一軒目は、埼玉県久喜市に薪ストーブの煙突掃除に行ってきました。

アンコールセラミックボックス触媒

4年前からバーモントキャスティングスのアンコールをお使いのお宅で、今回の煙突掃除は2年ぶりでした。

使用頻度にもよりますが、触媒は3~4年、各部のガスケットは3年ぐらい使用すると劣化が進んで、交換の必要がでてきますが、今回は問題無しでした。

 
続いて煙突内部を見ていきましょう。

煙突外観煙突内部

シーズン中は毎日使用している様ですが、煙突内部の煤の量は少なめですね。

薪は購入した物と自作の物をミックスで使用しているようですが、自作の薪はしっかり2年乾燥させているようです。

今シーズンも存分に楽しんで頂きたいですね。

 
続いて2軒目は練馬区に行って来ました。

F373煙突掃除の風景

こちら約3年前に設置させて頂いたヨツールのF373になります。
部屋の雰囲気にとても合っていて非常におしゃれですね!!

 
炉内のバーミュキュライトを外して煤も綺麗に取り除きました。

煙突の内部

使用頻度としては、週2~3回とのことでしたので、煙突内部の煤の量は少ないですが、少々タールが気になりました。

F373のガラス

ご覧の通りガラスが煤けた状態だったので、温度が上がりきっていないのだと思います。
煙突掃除の診断書をお渡して、その点をお伝えしました。

ガラスもピカピカに磨いてきたので、今年の冬も美しい炎が見られることでしょう!

それではまた明日。

相模原市にて薪ストーブの煙突掃除

本日は私の地元でもある神奈川県相模原市へ薪ストーブの煙突掃除に行って来ました。

ここ最近は梅雨の影響で毎日のように雨が降っていたので、その間に予定して頂いたお客様には煙突掃除の日程を変更して頂いています。
皆様本当にご協力ありがとうございます。

 
という事で、今日は久しぶりに晴天、気温もグングンと上がり温度計は32度を超えていました。
屋根上はさらに暑いのでさすがに厳しいものがありますが、これも自分との戦いだと思って頑張っていきたいと思います!

 
それでは早速煙突の中を見ていきましょう。

 

煙突掃除ブラシを通す?角トップの外観

今から3年前に設置をさせて頂いて今年で4年目のシーズンに入るN様邸ですが、実は昨年一昨年の煙突掃除ではタール、煤が煙突に結構付着していたこともあって、煙突掃除の後に焚き方と薪についてご説明させてもらっていました。

今回ももしかしたら・・・、なんて思いながらお伺いしたのですが、、、

今年はタールの付着もほとんどなく、とても細かい煤になっていました!!!

 
ストーブの使用頻度は変わらず毎日使っているそうなのですが、触媒機であるバーモントキャスティングのディファイアントの操作に大分慣れてきたことと、何より薪の乾燥を気を付けるようになったことが大きいようですね!

デファイアント デファイアントの炉内

次にストーブ本体の状態もチェックしていきましょう。

ガスケット、触媒の状態も良好であと2年ぐらいは問題なさそうですね。

天板掃除前天板掃除後

天板部分の錆は55-6を付けてワイヤーブラシで磨くだけで、この通りかなり綺麗になりますよ!

錆は長年放っておくとストーブ本体を痛める原因にもなるので、この様になったらしっかりと取ってあげましょう。

気になっていた方は是非試してみて下さいね!

それではまた明日~。

世田谷区にて薪ストーブの屋根上煙突工事

本日は朝一番から世田谷区の成城へ。
薪ストーブを設置する新築住宅の屋根の雨仕舞い、煙突工事に行って来ました。

梅雨らしく朝からぐずついた天気でしたが、天気予報は曇り!ということで雨が降り出さない事を祈っていざ現場へ。

野地板の開口ルーフサポートで仮止め

早速、煙突貫通の位置を墨出しして、まずは屋根の上の野地板を開口します!

そして、煙突の荷重を受けられるようにしっかりと補強して、開口内の四方を不燃材のケイカル板で囲っていきます。

 
今回は屋根上の雨仕舞いがメインなので、取りつけた煙突は1mの煙突を2本だけです。

ここからいつも通り2重3重と雨仕舞いを行っていきます!

 

フラッシング取付完了室内吹き抜けの煙突

途中、ちょっと雨に降られたりもしましたが、何とか雨仕舞は間に合いました。

屋根上の煙突が短いですが、後日、屋根屋さんが屋根を葺く際にフラッシングの取り外しを行うので、これで仮納めです。

 
屋根葺きが終わったら、残りの1mの煙突とフラッシングの口元(ストームカラー)を付けて雨仕舞いをしたり、炉台炉壁の下地や外気導入の工事に来ますよ。

室内側は内装が完成してからなので、9月上旬辺りになりそうですね。

こちらのお宅はドブレの人気機種640CBJを設置する予定です。

それではよい週末を。

ショールームの煙突掃除

本日は、ショールームで使用している薪ストーブの煙突掃除を行いました。

写真に写っている3本の煙突とログハウスに1本、合計で4本の煙突があります。
一つの建物にこれだけたくさんの煙突があるのは薪ストーブ屋ならでは、といった感じですね。

ちなみにショールームということもあって、「角トップ」という俗にいうサンタクロース仕様と、四角い立ち上がりから丸い煙突が飛び出す「チムニーフラッシング」、三角帽子のような納まりの「フラッシング」と3種類の納まり方を見られるようになっています。

 
ショールームの煙突

 
さて、シーズン中は定休日を除いて毎日使用していたショールームの煙突ですが、早速、その中の状態を見ていきましょう。
 
日頃、このブログで煙突掃除に伺ったお客様宅の煤の付き具合について書いているので、これで煙突の中が酷い状態だったら薪ストーブ屋として「失格」だなとドキドキしていました。

綺麗な煙突

見て下さい!!

煤もほとんど付いておらず、さらさらっとしたとても細かい煤です!!!
煙突の長さは5mちょっとなんですが、煤は片手一杯くらいの量でした。

薪ストーブは別に煤の少なさを競うものではありませんが、煤が少ないということは煙も少なく近隣の方へのご迷惑も少ないということですから、やはり気にするポイントなのかなと思います。

 
本日は時間の都合で煙突掃除のみで、薪ストーブ本体のメンテナンスは雨で現場へ出られない時間を利用して行っていきます。

 
それと 前回も紹介しましたが、東京ストーブの1階の「カイクラフトゴルフ」の移転に伴って、「煙突カフェ」の厨房改装工事も行ってきましたが、無事に完成しましたよ。

永山シェフ厨房

 
昼時には、いつも美味しい料理を提供してくれるシャイな永山シェフやカフェスタッフからは、広くなって作業がやりやすくなったと大変好評で喜んでくれています。

 
ちなみに、煙突カフェのメニューはどれを食べても本当に美味しいですが、私の一押しは

[鉄板チーズハンバーグ]です!

鉄板チーズハンバーグ

東京ストーブにご来店の際は、是非、一階の煙突カフェにも立ち寄って見て下さいね。

 

そして、今まで男女兼用になっていたお手洗いを、新たに男性用と女性用二つに分ける工事も実施中です。

R0040302

車いすの方でも無理なくご使用いただける様に、というのが一番の目的で、スペースも広々取ってバリアフリー化を予定しています。

完成次第こちらもブログにアップするので、どうぞお楽しみに!

目黒区にて薪ストーブの煙突掃除

本日は目黒区で他社さんの施工で薪ストーブを設置されたお宅の煙突掃除に行って来ました。

昨年も煙突掃除のご依頼を頂いているので今回で2回目になります。

お使いのストーブはノルウェーが誇る薪ストーブブランド「ヨツール」のF220というモダンタイプの機種です。

外部煙突ヨツールF220

3階建てのお宅で、薪ストーブは2階のリビングに設置されています。

煙突はストーブの背面から貫通していて、RC造なので炉壁もなく、スッキリとした印象を受けます。

煙突内部煙突掃除

こちらが煙突掃除前と掃除後の画像になります。

週に2回ほどの使用という事でしたので、煤の量は比較的少なめでした。

御覧の通り、綺麗に煤が取れているのが分かりますね。

今シーズンも薪ストーブを存分に楽しんで頂きたいなと思います。

それではまた明日。

薪ストーブの煙突工事と車両整備

本日は新築住宅に薪ストーブを設置させて頂く現場へ午前と午後1軒ずつ行ってきました。

どちらの現場も煙突の納め方が変更になって、1軒では屋根上に収めた煙突を一度取り外して、もう1軒ではストップしていた作業の再開で伺いました。

煙突を一度取り外した方のお宅は大工さんの作業後に再度煙突工事に伺う予定になっています。

 
さて、今日は現場からの戻りも早かったので、工事車両の整理や少なくなっていた工事に使用する備品の補充を行いました。

 

ビス箱

工事で使用する備品などは多種多用なので、工事の際に一目でわかる様に、綺麗に区分けしてあります。

 

車内

工事車両の道具の配置も、使い易さを追求するため色々と試しましたが、今の状態に落ち着いています。

道具がどこにあるか一目でわかる様に区分けしているので、工事の時に探したりすることもありません。

工事の準備も完璧に整ったので、次の現場も気持ちよく作業に臨めそうです。

それではまた明日。

千葉県大網白里市にて薪ストーブの本体設置

本日はゴールデンウィーク前にチムニー工事を行ったお宅へ、煙突と薪ストーブ本体を設置しに行きました。

千葉県は大網白里市ののどかな自然に囲まれた素敵なロケーションのお家です!
こちらのお宅はご両親が建てられたお家を娘さんご夫婦が利用するためにリフォームしています。

 
さて、前回の施工ではチムニーの立ち上げ工事を行ったので、今日は屋根上から煙突を降ろしていきました。

チムニー煙突瓦屋根とチムニー

梅雨らしい不安定な天気予報でしたが、屋根上の納めも、雨が降りだす前に無事に完了しました。

昨日といい、今日といい、屋根の雨仕舞が終わるまで雨がもってくれて、助かります!
きっと日頃の行いが良いからでしょう!?

 
さぁ、そして室内の工事へと続きます。

天井の開口

こちらがストーブ設置前の写真です。
煙突を設置する前だったので、天井の開口から光が差し込んでるのが幻想的でした。

あと、後ろの壁に空いている穴はストーブ用の給気口です。
これが有るのと無いのでは、薪ストーブの燃え方が違いますよ!

 
本体の分解

東京ストーブでは設置工事は基本的に二人1組で行っているので、今回もストーブ本体を出来るだけ分解して搬入します。

今回設置させて頂いたヨツールのF400という薪ストーブは、本体重量が170キロ!
パーツを分解しても100キロはありますので、搬入は慎重に行っていきます。

ちなみに二人でストーブを持っているので、搬入の写真は撮れませんね!

 
そして無事に設置完了です。

F400設置完了

ヨツールのデザインの特徴でもある扉の格子が素敵ですね。
そして「ブルーブラックエナメル」というカラーが最高です!

ヨツールならブルーブラック、それくらい私はオススメです!!

レンガとタイルのクラシカルな炉台の雰囲気にもマッチしていますよね。

炉台もしっかりと広くスペースをとって頂いたので、周りに薪やツールセットなどもたっぷり置けて、使い勝手の良さは抜群でしょう!

 

R0040247

ちなみにこのF400ですが、炉内の炎をよりダイナミックに鑑賞したいという方にはこちらの格子なしをお選び頂く事も可能ですよー。
(こちらはブラックペイントのみですが)

好みに合わせてデザインを選べるのはヨツールの魅力でもありますね。

それではまた明日。