Browsing "メンテナンス"
9月 1, 2018 - メンテナンス    No Comments

薪ストーブのメンテナンス・煙突掃除の特別価格終了間近となっております。

毎年、4月から9月末まで薪ストーブのメンテナンス・煙突掃除を通常より15,000円安い特別価格にて実施していますが、今月末で終了いたします。今シーズンのストーブライフに向けて、メンテナンスがまだのお客様はお早めにご連絡ください。

東京ストーブ03-6304-7994  詳細はメンテナンスページへアクセスください。

2018年 煙突掃除・メンテナンスのご案内

桜が満開になり、暖かい季節となりました。というより、本日東京は気温22度!?暖かいを通り越して暑いです。

さて皆様、昨シーズンの薪ストーブ、ペレットストーブのある生活はお楽しみいただけたでしょうか?
東京ストーブでは、より安心・安全に薪ストーブライフをご使用いただけますよう、毎年恒例4月1日から9月30日までの期間、特別価格にて煙突掃除とフルメンテナンスを実施致します。

定期的なメンテナンスを行うことで、薪ストーブを長く快適にお使いいただけるだけでなく、本来の性能を十分に発揮させる事が出来ます。


先日、当店でこれまで設置・メンテナンスさせて頂いたお客様にはご案内をお送りしているので、続々とご予約頂いています。

毎年の事ですが、10月以降は繁忙期の為スケジュールがとても組みづらくなってしまいます。
土日はご予約が埋まりつつありますので、何事も準備はお早めに!またお伺いした際には、ストーブについて何かお悩み事があればぜひお聞かせください。

今シーズンも楽しく薪ストーブライフを過ごせますよう、スタッフ一同ご依頼をお待ちしております。

 

薪ストーブの耐熱ガラス

続々とメンテナンスのご連絡を頂いてありがとうございます。

メンテナンスにお伺いして稀に見かけるのが下の写真のように、ガラスが白くなって元に戻らなくなっているケース。

これは燃焼温度がガラスの耐熱温度を超えて、変質してしまうことで起きる現象です。

原因として多いのは灰受け(アッシュドア)を開けて焚いている場合。
下からたくさんの酸素が供給されることで、熾火の温度が上がってガラスの下側がこうなってしまいます。

あとは、ガスケット(ファイバーロープ)が摩耗して必要以上に空気が入っている場合も同様です。
アッシュドア、フロントドア、サイドドア、この辺りはやっぱり消耗が一番早い部分ですし。

 
ちなみに、耐熱ガラスがこうなるくらい温度が上がっているということは、当然ガラス以外の所にも熱のダメージは蓄積されていますからね。
そうなる前に、ちゃんと対策を。

 
ガスケットが減ってきて空気が入るし燃えの調子が良い、とか無いですからね。
うまく燃えないのには、燃えないなりの理由がちゃんとあります。

 
なんか燃え方がいまいちだな、という皆さん。
メンテナンスにお伺いしたときにぜひご相談ください。

ページ:1234567891011»