Latest Posts

目黒区にて煙突掃除

本日は煙が逆流してしまったとのお問い合わせ頂いたので、目黒区で点検と煙突掃除を行って来ました。

20年間一度も煙突掃除を行っていなかった様ですが、煙突内部が煤で詰まっている事もなく一安心でした。

伺ったところ着火の際に換気扇を回していたとの事なので、煙が引っ張られてしまった可能性が高いですね。

原因も分かりお客様にもご安心して頂けたのでよかったです。

それではまた明日。

1437 1435

武蔵野市にて本体設置工事

本日は武蔵野市の新築住宅にて薪ストーブの設置工事に伺いました。

前回の工事で屋根上の雨仕舞い工事を行っているので、2階天井部分から煙突を真っ直ぐ取り付けていきます。

14331434

14301431

ストーブ設置個所の真上は吹き抜けになっているので、2階部分もしっかりと暖めてくれる事でしょう。

設置させて頂いたストーブはヨツール社のF500という大型機種になります。

東京ストーブは東京都内を中心にストーブを設置させて頂いてるので、久々の大型機種の設置でしたが、迫力があってやっぱりカッコいいですね。

炉台も広々していて使い勝手もばっちりだと思います。

ストーブシーズンも残り僅かですが、まだまだ寒い日が続いているので存分に楽しんで頂ければと思います。

それではまた明日。

文京区にて新築住宅の煙突工事

本日は文京区の新築住宅にて屋根上の雨仕舞いを行いました。

都心部は朝から気温が高く春先の様な陽気だったので、清々しい気分で工事が出来ました。

このまま暖かくなってもらいたいところですが、明日からまた気温が一気に下がって冬に戻るようですね。

1410

こちらのお宅は屋根が瓦葺きになるので、瓦屋根に特化した瓦屋根フラッシングを使用します。

いつも通りインナーフラッシングを取付けて、その上から瓦屋根に特化した瓦屋根フラッシングを使用して二重三重と雨仕舞いを行っています。

本日の作業はここまで。

次回は室内の完成後、本体設置と屋根上と室内の煙突延長を行っていきます。

それではまた。

品川区にて煙突工事

本日は品川区の新築住宅にて屋根上の煙突、雨仕舞い工事に行って来ました。

雲一つない快晴で屋根上は日陰がない事もあってとても暖かく作業も捗ります。

軒先の一部分が板金屋根、途中から棟に向かって瓦屋根になる仕様となっていて、板金屋さんと合番での作業となりました。

14051406

1408

屋根葺き後に煙突を1m追加して完成になります。

本日の工事はここまで。次回は本体設置と部屋内の煙突工事も行っていきます。

それではまた明日。

練馬区にて煙突設置工事

本日は練馬区の新築住宅にて屋根上の煙突工事に行って来ました。

事前に大工さんには貫通部の造作を行って頂いているので、屋根上から煙突設置、雨仕舞いと作業を進めていきます。

屋根が葺き上がってから追加で煙突を1mほど延ばす予定になっています。

14021401

煙突は囲い内で壁貫通をしていきます。

屋根上のソーラーパネル等々の事情で、今回は少し珍しい施工になっていますが煙突の長さもしっかり確保出来ているので問題ないでしょう。

煙突囲いが完全に塞がってしまうと煙突掃除の際に困ってしまうので、こちらには点検口が設けられる事になっています。

次回工事は部屋内が完成してからとなるので、その時はまたブログにアップしていきたいと思います。

それではまた。

横浜市にて薪ストーブの本体設置工事

本日は横浜市にて煙突の延長工事と薪ストーブ本体の設置工事に伺いました。

前回の工事で下屋の屋根貫通部分の工事を行っているので、そこから大屋根の上まで煙突を延ばしていくのと

バーモントキャスティングス社のアンコールを設置して天井部分から煙突を接続していきます。

dsc_0900dsc_0897

大工さんをやっていらっしゃるお客様が柱や梁など手刻みで建てられたこのお宅。

ご覧の通り、木がふんだんに使用されていて大変立派な作りをしています。

元宮大工というだけあって、金物を使わない日本伝統の工法で建てられていて、壁は土壁になっています。

しかも土壁は場所によって左官の仕上げ方を変えるなどこだわりが本当に凄いですね。

 
工事完了後にはそのままアンコールに火入れを行行わせて頂きました。

これから薪ストーブライブを是非楽しんでください。

I様本当にありがとうございました。

八王子市にて既存住宅の全工事

昨日、本日と八王子市にて既存住宅の全工事に行って来ました。

薪ストーブは一階設置で吹き抜け部分に煙突を通していきます。

dsc_0864dsc_0865dsc_0867

既存の屋根を開口して防火工事を施したところに煙突を通して下ろしてきます。

室内側の吹き抜けに梁があるので、それをかわして簡易足場を設置しての工事になりました。

この足場、アルミ製で出来ているので持ち運びや設置の際はとても重宝しています。

火打ち梁があるのでそれを煙突のオフセットでかわして、ストーブ本体と接続します。

設置させて頂いたストーブはヨツール社の人気機種F400になります。

薪ストーブライフを是非とも楽しんで頂きたいなと思います。

S様本当にありがとうございました。

それではまた。

煙突掃除が2件

本日は午前午後と煙突掃除に行って来ました。

まずは朝一番で目黒区へ行ってきました。

最近こちらに引っ越されてきて暖炉の使い方が分からないという事もあり、火付けも行ってきました。

13151314

午後からは埼玉県鶴ヶ島市へ。

昨年もメンテナンスに伺って今回が二回目の煙突清掃になります。

13131312

1311

乾燥が少し不十分な薪を使用しているとの事でしたが、煙突内部の煤質もそれほど悪くはないのでまずまずしっかりと焚けているようです。

明日は千葉にて新築住宅にて煙突工事になります。

それではまた。

葛飾区にて薪ストーブの設置

本日は葛飾区の新築住宅にて室内の煙突工事と薪ストーブ本体の設置に行って来ました。

前回の工事で屋根上の角トップと煙突工事を行っているので、吹き抜け箇所の天井部分から煙突を取り付けていきました。

dsc_07641301

アルミ製の簡易足場を使って、吹き抜けの上部から煙突を下ろしていきます

設計の都合上、煙突の曲がりがあるので振れ止めと荷重受けの支持金具と、2箇所で煙突固定しています。

1300

設置させて頂いたストーブはドブレ社の640CBJになります。

ご覧の通り、内装工事もだいぶ進んでもう少しで引き渡しの様なのでこの冬は是非薪ストーブに癒されて頂きたいと思います。

それではまた明日。

八王子市にて薪ストーブ移設、煙突工事

本日は八王子市にて既存住宅の全工事に行って来ました。

元々今から20年ほど前に2階の踊り場にバーモントキャスティングスのイントレピッドを設置されていたのですが、いつの間にかあまり活躍しなくなってしまっていたそうです。

今回は、一階のリビングに薪ストーブを移設して煙突は新規で工事を行っていきました。

13071306

1309

煙突は壁を貫通して外壁部分を立ち上げています。

今日は青空が広がっていて外での作業が気持ちいいです。

連日工事が立て込んでいるのでこのまま天気が続いてほしいものです。

それではまた。