Latest Posts

杉並区と稲城市にてバーモントキャスティングスの煙突掃除

本日は午前午後ともにバーモントキャスティングスの薪ストーブのフルメンテナンスと煙突掃除に行ってきました。

一件目は3年ほど前に弊社にて薪ストーブを設置させて頂いたお客様です。毎年煙突掃除のご依頼を頂いております。

今回は煙突掃除と本体のメンテナンスも合わせて行っていきます。

R0050591R0050592

R0050593image2

 

ストーブ内部のパーツを一度解体して、ガスケットの交換や触媒が設置されているセラミックボックスに溜まった煤を取り除いていきます。

昨年メンテナンスに伺った時は良好な状態でしたが、今回はストーブ内部、煙突内部と共にタールが多めでした。

購入された薪を使用されていたようですが、乾燥が不十分で燃えが悪かったとの事なので、炉内の温度が上がりきらずに燻ってしまったようですね。

触媒タイプのストーブは、性能を維持する為にこういったメンテナンスが特に大事になってきますね。

 
そして午後からは稲城市へ行って来ました。

昨年、新築住宅にバーモントキャスティング社のイントレピットⅡを設置させて頂いて、今回が初回の煙突掃除となります。

こちらは煙突内部やストーブ本体と共に煤の状態が良好でした。

ただ使用頻度に対して煤量が大分少なく、煙突内部が煤では無く白い灰状態になっている事から過剰燃焼の傾向がありました。

このような状態が見受けられたとしても、直ぐにストーブ本体が壊れる事はまずないので大丈夫ですが、

少し気お付けていきたいところではありますね。

それでは今年も是非薪ストーブを楽しんで頂きたいなと思います。

また明日。

DSC_0184

町田市にて薪ストーブの本体工事

本日は町田市の新築住宅にて薪ストーブ本体の設置工事に行ってきました。

3月に屋根上の煙突、雨仕舞い工事を行った際は内装もまだまだ出来上がっていませんでしたが、

無垢材をふんだんに使用した素敵なお宅が完成していました。

R0050580R0050576R0050578

吹き抜けの下にタワー足場を組んで、天井部分から煙突を真っ直ぐに下ろしていき、薪ストーブ本体と接続していきます。

設置させて頂いたストーブはバーモントキャスティングス社の人気機種アンコールになります。

やっぱり何度見ても存在感があって、本当にかっこいいなと毎回思います。

お施主様が選ばれたアンティークレンガの炉台もストーブとの相性抜群で、いい雰囲気が出ています。

炉床もしっかり広くとって頂いて、使い勝手もとても良さそうですね。

気温が気温なだけに着火式は秋口に行う事となりました。S様、それまで楽しみにお待ちください。

それではまた明日。

南足柄市にて薪ストーブの煙突掃除

本日は神奈川県南足柄市へ、薪ストーブの煙突掃除に行ってきました。

他社にて施工されていますが、大変有り難い事に毎年煙突掃除のご依頼を頂いております。

周辺は田んぼに囲まれており、屋根上からは360度山々を眺める事が出来ます。

とても清々しい場所なので一瞬作業の手を止めて周りを眺めて物思いに耽ってしまいそうです。

 

R0050550 R0050552

薪ストーブ本体はメトス社のピキャンオーブンになります。

扉のガスケットも2年前に交換を行っているのでまだ大丈夫そうでした。

梅雨入りしてなかなか思うように煙突掃除が進まないですが、日々頑張っています。

それではまた。

世田谷区にて薪ストーブの煙突工事

本日は世田谷区の新築住宅にて屋根上煙突工事でした。

大工さんの方で事前に屋根の開口部分を作って頂いているので、そこに煙突を取りつけていきます。

しかし梅雨の晴れ間となった今日は気温がグングンんと上がって、屋根上での体感温度は既に猛暑といった様子になってきました。

屋根の上は日陰のような逃げ場がないので、熱中症対策にもしっかりと水分を補給して作業を進めていきます。

 

DSC_0161 DSC_0164

いつも通り屋根貫通部分のフラッシングは二重三重と雨仕舞いを行っていきます。

雨漏りに関係してくる場所なので、暑くてもしっかりと丁寧に作業を進めていきます。

貫通個所には支持金具で煙突の振れを防ぎ固定します。

壁紙等貼る際に煙突が汚れてしまわないように、養生も欠かせませんね。

次回の本体設置はバーモントキャスティングス社のアンコールを設置させて頂きます。

それではまた明日。

八王子市にて煙突工事

本日は東京都八王子市で新築住宅の屋根上煙突工事でした。

屋根開口部分は大工さんに開けて頂き、いざ煙突設置へ。

この時期らしく霧雨が降る中での作業でしたので、段取り良くスピーディーに、でも丁寧に作業を進めていきます。

R0050544R0050547

いつもの通り、幾重にも確実に雨仕舞いを行っていきます。

無事に雨も逃れて煙突設置となりました。

この先は部屋内の内装工事の進捗に合わせて、遮熱壁の工事が待っています。

ストーブの本体と煙突残り部分の工事はまだ先になりそうです。

ちなみに部屋内の煙突を取りつけた後、屋根上の煙突は更に1m伸ばします。

それではまた明日。

本日は杉並区で煙突掃除

本日は東京ストーブのすぐ近く、杉並区で他社にて施工された薪ストーブの煙突掃除にお伺いしました。

3年前に一度目の煙突掃除のご依頼を頂き、大変有り難い事に本日で2回目の煙突掃除となりました。

 

DSC_0143 DSC_0141DSC_0144

ストーブ本体はデンマークのモルソー社7140CBになります。
サイズ感が丁度良く、デザインははとてもすっきりとしています。

煙突を背面から貫通させることで、より薪ストーブのデザインとマッチしたシンプルな収まりになっていますね。

煙突内部の煤質も細かくとても良い状態でした。

今年で9シーズン目に入るY様さすがですね。

それではまた。

立川市にて煙突掃除

本日は立川市に薪ストーブの煙突掃除に行ってきました。

約5年前に当社にて施工させて頂き、毎年煙突掃除のご依頼を頂いております。

シーズン中の使用頻度としてはしっかりと使っている様で、煤量はそれなりにありましたがタール等はなく、良い状態でした。

年々煤の質も良くなりストーブを使いこなしている事が、煙突やストーブ本体の具合を見るとよくわかります。

 

DSC_0141DSC_0137DSC_0139

ご覧の通り壁を貫通をしてから煙突が立ち上がっているので、横引きの煙突にブラシを通してから、煙突内に残っている煤を掃除機で吸い取っていきます。

ストーブはドブレ社のアストロラインになります。

小型のストーブですがガラス面が大きく存分に炎を楽しめる仕様となっています。

すっきりとしたデザインで省スペースな場所にも適した一台ですね。

それではまた。

小田原市にてストーブ設置工事

本日は小田原市の新築現場にて本体の設置と煙突の延長工事に行ってきました。

2か月ほど前に屋根上の雨仕舞い工事を行っているので、本日はストーブ本体を設置して

前回設置した煙突から更に煙突を延長していく作業になります。

image1image3

まずは煙突を吹き抜け部分に取り付けていくのですが、部屋内に足場が設置されていて作業性もばっちりでした。

左の写真は天井貫通部に支持金具を取り付けているところになります。

ストーブ本体はヨツール社の壁埋め込み式ストーブのI520なります。

遮熱壁のブロックがあるだけで、まだ完成図がわかりにくいと思いますが、ガラス面のある2面だけが表に出ている状態になって、本体事態は壁の中に隠れてしまいます。

このストーブはガラス面を1面から3面まで選択できるので、お部屋の設計に合わせてスタイルを変える事が出来る様になっています。

暖炉の様な雰囲気ですが、暖炉に比べてエアータイトで燃費も燃焼効率も格段に良くなっています。

インサート式薪ストーブもかっこいいですね。

image5

前回取り付けた屋根上の煙突に更に1mの煙突を追加して本日の作業は終了です。

瓦屋根に煙突がとてもお似合いですね。

それではまた明日。

川崎市で煙突掃除

本日は川崎市へ薪ストーブの煙突掃除に行って来ました。

約二年前に当社にてネスターマーティン社のS43を設置させて頂き、今回が2回目の煙突掃除となりました。

初年度は購入した薪を使用していたようですが、昨年度からはご自身で薪作りを初められて、

玄関前には大量の薪が積み上げられていました。

image3image1

image2

木をふんだんに使われた室内と薪ストーブがとても良い雰囲気を醸し出していますね。

使用頻度としては、ほぼ毎日薪ストーブに火を入れられている様ですが、煙突内部の煤量、

質と共にとても良い状態でした。

本体を確認したところ、バッフル板に軽いクラックが入っていたのですが、今回は交換せずもう1シーズン様子を見ることにしました。

それではまた明日。

本日は2軒の煙突掃除へ

本日は、午前中に目黒区へ、午後から日野市へ薪ストーブの煙突掃除に行って来ました。

目黒のお客様は他社による施工ですが、設置されたストーブ屋さんが遠方の為、煙突掃除のご依頼を頂いております。

 

DSC_0106DSC_0103DSC_0105

こちらは角トップになります。

今年はいつもの年よりシーズン中の使用頻度がそれほど多くなかったそうで、角トップ周りや煙突内部の煤はそれほど付いていませんでした。

本体ですが扉のガスケットがへたっていたので交換しました。

炉内の気密を保つにはとても大事な部分なので必ず確認をしていきます。

060529 (2)060529 (1)
触媒も良い状態でした。

燃焼用空気が炉内に供給されるエアマニフォールドに、剥がれた耐火セメントが挟まっていたので、除去しました。

これは触媒式のアンコールではよくあることで、この耐火セメントの破片が残っていると、エアウォッシュの効きが悪くなって、ガラスが曇りやすくなります。

DSC_0109DSC_0110

2軒目は日野市へ。

こちらは弊社施工のお客様で4シーズン目になります。

煙突内部の煤量、質と共に良好でした。タールの多かった昨年に比べると大分改善されていますね、

こちらはバーモントキャスティングス社のイントレピットⅡの触媒になりますが、まだまだ不良箇所などもなく大丈夫そうですね。

それではまた。