Latest Posts

千葉県にて煙突掃除が二件

本日は千葉県にて午前中にフルメンテナンス、午後からは煙突掃除に行って来ました。

午前中のお客様は今回初めてご依頼を頂きまして、薪ストーブはダッチウエスト社のエープラスという機種になります。

各所ガスケットの交換を行ったので炉内の気密もばっちりです。

20170630_125926 20170630_125751 20170630_125559 20170630_125323

午後からは2年前にネスターマーティン社のS43B-TOPを設置させて頂いたI様邸へ行って来ました。

シーズン中の使用頻度としてはしっかり使用していた様ですが、煤量も少なく煤質もいい状態でした。

R0040373 R0040375

今シーズンの薪の準備も着々と進んでおり、乾燥も大分していたので冬にはいい状態になりそうですね。

それではまた明日。

練馬区にて煙突の解体工事

3年前に練馬区にて設置工事を行ったF様邸にて煙突の解体工事を行って来ました。

近所にお引っ越しをされるので、新築住宅には既に屋根上から貫通部の煙突工事が完了しています。

後日こちらで使用していたネスターマーティン社製H33の移設工事を予定しています。

DSCF3731 DSCF3735

ハシゴの設置が出来ない為足場の組み立てから行っていきましたが、午前中は雨が強く降ったので少々大変でした。

無事に解体完了してまた明日から煙突掃除です。

それではまた明日。

川崎市にて本体メンテナンス。

本日は約3年前に施工させて頂いた川崎市のお宅へ薪ストーブ本体のメンテナンスに伺いました。

ストーブはネスターマーティン社のS43B-TOPモデルになります。

DSC_1078 DSC_1077 DSC_1075

事前に炉内のバッフル板にひびが入っているとのことだったのでこちらは新品に交換しました。

扉のガスケットもあたらしく貼り直したので気密もばっちりです。

それではまた。

飯能市にて煙突工事

本日は飯能市にて先日本体の設置を行ったK様邸に伺いました。

前回は朝から雨が降った為、屋根上の煙突延長が出来なかったので、追加で1m取り付けてきました。

DSCF3730 DSCF3729

DSCF3679

今年は、梅雨入りしてからもそれほど雨が降っていないので、現場的には助かっていますが水不足は少し心配ですね。

明日も煙突掃除が入っていますが、天気予報はいまいひとつスッキリしません。

それではまた明日。

本日は都内で2軒の煙突掃除へ

本日は午前午後と煙突掃除に行って来ました。

まずはショールームからもほど近い杉並区のM様邸へ行って来ました。

こちらは5年前に当社にて設置をさせて頂いて毎年煙突掃除に伺っています。

DSCF3706DSCF3716

DSCF3715DSCF3703

昨年の薪の乾燥が不十分だったせいか少々タールが付着していました。

 
そして午後から三鷹市にてバーモントキャスティングス社のイントレピッドⅡのフルメンテナンスになります。

こちらも5年前に弊社にて施工を行っています。

DSCF3719DSCF3728

DSCF3728DSC_1072

各所ガスケットの使用されているパーツは一度解体して張り替えを行いました。

煙突内部や炉内にはタールがびっしりと付いていますが、就寝前に薪を追加して直後にダンパーと空気を絞ってしまっていたそうです。

空気を絞る際は薪全体に炎が行き届いてから空気調整をする事が大事になってきます。

煙突内に煤やタールが多く付いているということは、それだけ煙も出ているということです。

操作に慣れてきた時こそ今一度使い方をしっかりと。。。

今シーズンも是非楽しんで頂ければと思います。

それではまた。

千葉県にてペレットストーブの移設工事

本日は千葉県にてペレットストーブの移設工事になります。

元々マンションにて使用されていましたが、一軒家に引っ越しされるという事で移設工事に伺いました。

DSCF3700 DSCF3698

ストーブはトヨトミ社製のPE8 MUUMUUになります。

こちらは弊社ショールームでも展示していて、実演燃焼も可能になっています。
ペレットストーブを検討されている方は是非お越し頂ければと思います。

それではまた明日。

千葉県君津市にてフルメンテナンス

本日は千葉県君津市へ他社施工の薪ストーブのフルメンテナンスに伺いました。

ストーブ本体はバーモントキャスティングス社のビジラントになります。

それでは早速煙突掃除から開始していきます。

 

DSCF3681 DSCF3682 DSCF3686

屋根は矩勾配ですが、足場を作って安全に。

全体的にタールが付着していましたが何度もブラシを通してしっかりと取り除いています。

DSCF3689

炉内にもタールがびっしり付着しています。パーツを解体してまずはタールを取り除くところからスタートです。

DSCF3695 DSCF3696

ガスケット類も全て交換してストーブ本体がフレッシュな状態になりました。

今シーズンは快調な燃え方を楽しんで頂けると思います。

それではまた明日。

飯能市にてヨツールの薪ストーブ設置工事

本日は埼玉県飯能市の新築住宅にてヨツールの薪ストーブ本体設置工事に行って来ました。

前回の工事で屋根上の雨仕舞い工事を行っているので、部屋内から吹き抜けを通って煙突を接続していきます。

DSCF3661DSCF3679DSCF3675

炉台はフラットな設計となっているので全体的にすっきりとした印象で素敵ですね。

設置させて頂いた薪ストーブはヨツール社のF400SEブラックペイントになります。

他色でホウロウ仕様のブルーブラックエナメルとアイボリーエナメルの3色展開となっていますが、

扉に格子の付いていないこちらタイプをお選び頂けるのは、今のところブラックペイントのみとなります。

ダイレクトな炎を楽しみたい方にはこちらをお勧めしたいですね。

それではまた。

本日は調布市にて煙突掃除2軒

本日は調布市に煙突掃除へ伺って来ました。

どちらも昨年弊社で薪ストーブを設置をさせて頂いたお宅で、今回が初回の無料メンテナンスになります。

DSCF3630 DSCF3638 DSCF3640 DSCF3646 DSCF3649 DSCF3656

 

どちらも毎日使用されているそうですが、夕方から就寝までという事で煤の量は少なめでした。

ご自身で薪作りを行われていますが、しっかりと乾燥が出来ているようですね。

単管足場で薪棚を製作されていましたが、日当たりも風通しがよくて、薪の乾燥には理想的な条件でした。

それではまた。

鎌倉市にて本体設置、煙突掃除が2軒

本日は鎌倉市の新築住宅にて煙突と薪ストーブ本体の設置工事、そして2軒のお宅で煙突掃除を行って来ました。

鎌倉の新築住宅は前回の工事で屋根上の煙突設置、雨仕舞いの工事を行っているので、天井部分から煙突を取りつけていきます。

DSCF3615DSCF3620DSCF3625 DSCF3623

吹き抜けでの施工に重宝するアルミ足場を設置して、天井を開口するところから煙突を取りつけていきました。

薪ストーブ本体はネスターマーティン社のS43スタンダードです。

ストーブ背面に炉壁がありませんが、純正のリアヒートシールドを取付ける事で、この様な施工が可能になっています。

吹き抜けになっているので2階までしっかりと暖まりますし、2階に溜まった暖気が一階にしっかりと循環する様に設計されているので快適に過ごせますね。

こちらのストーブは暖かいのはもちろんですが、炎の燃え方見え方が非常に綺麗なストーブなので、秋口にお客様と行う火入れ式が今からとても楽しみです。

 

20170617_15205920170617_15131620170617_152231

20170617_102132

世田谷区と府中市のお客様になります。

どちらも弊社で施工させて頂いたお客様で本日は煙突掃除で伺わさせて頂きました。

どちらも使用頻度としてはしっかりと使われているので煤量はありましたが、煤質はさらさらで比較的良い状態でした。

しっかりと乾燥した薪をしっかりと燃やせばさらに煤の量も減っていく事でしょう。

今シーズンも薪ストーブを楽しんで頂ければなと思います。

それではまた明日。