Browsing "メンテナンス"
11月 11, 2010 - メンテナンス    No Comments

煙突に巣

本日もメンテナンスでした。
角トップの天板を開けてびっくり。

見えますか?

そうです。


鳥さんの巣です。

郊外のお宅でしたので、防鳥ネットがないとこうなることがあるんです。
幸い既に使われていないようでした。

撤去してキレイにして煙突内にブラシを進めて掃除をしていると・・・。

今度は煙突の中で何やら当たっている感触が。
原因はこれでした。


煙突の中にも巣を作っていたんですね。

このまま焚いたら部屋の中は煙がモクモクだったことでしょう。
これで安心してストーブシーズンを迎えられますね。



薪ストーブ専門店 東京ストーブ TOKYO STOVE SUPPLY

11月 7, 2010 - メンテナンス    No Comments

本日も煙突掃除&メンテナンス

本日も2軒のお宅でメンテナンス&煙突掃除でした。

1軒目は写真を撮り忘れてしまったのですが、イントレピッドⅡ クラシックブラック。
3シーズン目になるお客様ですが、最初のシーズンは週末にチョロチョロ焚くくらいだったらしく、本体も触媒もまだまだキレイでした。
煙突は角トップで、屋根はかなり勾配のあるところだったのですが、安全作業で無事に終了しました。

2件目はドブレの700SL。

ここのところの雨で延期になっていたのですが、やっと煙突掃除ができました。
実はこちらのお宅、前に煙突掃除お願いした業者さんから、非常に良い状態で燃焼しているので毎シーズンの煙突掃除は必要ないと言われ、今回が4シーズンぶりの煙突掃除とのこと・・・。

そんな様子を。
角トップの天板を外したところです。


そして煙突の中は。。。


掃除後です。




最後は防水もチェックして、本体もきれいして終了となりました。

確かに薪もかなりしっかり乾燥したものを使用されているようですし、燃焼の状態も良いのか4シーズン分とは思えない汚れ方でした。
とはいえ、煙突内やトップは見えない部分ですから、毎シーズンごとのチェックは必要です。

業者に全て任せるのもひとつの方法ですが、ご自分である程度は見ることができると、より薪ストーブに愛着がわきますよね。
そんなユーザーさんがすこしでも増えてくれるように、東京ストーブは今よりもさらにユーザーさんの側に立ったサービスが出来ればと改めて思いました。

 
薪ストーブ専門店 東京ストーブ TOKYO STOVE SUPPLY

11月 2, 2010 - メンテナンス    No Comments

本日もメンテナンス。

本日も2軒のお宅にメンテナンスでお伺いしました。

1軒目はガラスが割れてしまったので交換。
ドアや本体もだいぶ錆びていたので、キレイにしてきました。

写真を撮り損ねてしまったのが残念ですが、クーナラというオーストラリアの薪ストーブでした。
対流式で電動の送風ファンも装備しているタイプです。

ピキャンと同じオーストラリアだけあって、似たような雰囲気を感じました。
違うメーカーの薪ストーブでも、やっぱり国によって何となく似てくるんですね。
面白いものです。

 
2軒目はピキャンのマーク2でした。
こちらは角トップの中の防水が切れていました。


防水をやり直しておきました。


経年劣化はどうしても避けられない部分なので、やはりキチンと定期的にメンテナンスが必要なんですね。

ごくたまにしかストーブを使わないからといって、メンテナンスをしないとトラブルの原因を見逃してしまいます。
煙突掃除も。

掃除後。


これからいよいよ本格的に寒くなってきますね。
冬を迎える準備はできていますか?


薪ストーブ専門店 東京ストーブ TOKYO STOVE SUPPLY

ページ:«1234567891011»