Jun 21, 2015 - リフォーム    No Comments

木材のヴィンテージ加工

普段の薪ストーブ工事と並行して、煙突カフェのリフォーム工事も行っています。
先日は厨房スペースの工事が完了して、今はトイレを新設中です。

元々、ゴルフの試打室だったスペースに男性用・女性用それぞれ1室ずつ(そのうち1室はバリアフリー)作っています。

 
写真は1週間ほど前の様子ですが、壁工事がほぼ終わったので、これから徐々に仕上げ工事へと移っていきます。

トイレ壁工事

 
トイレの内装にもこだわりたいと思っていて、色々スタッフ全員で相談しているのですが、ようやく方向性が見えてきました。

そのポイントとなるのが古材の板貼りにした壁です。
全面ではありませんが、ポイントで1面古材の板貼りにしようと思っています。

 
とはいえ、ホンモノの古材を使用するとそれなりに予算もかかりますので、ここは東京ストーブ得意のヴィンテージ加工です!

古材加工

塗装や傷付け、削りなどいろいろと駆使してそれらしく仕上げていきます。
今日は塗装のパターンが決まりました!

 
今から完成が楽しみです!


コメントを書く