Sep 12, 2012 - 煙突, 薪ストーブ    No Comments

神奈川県でデファイアントの設置

9月も半ばになればやはり朝夕はすっかり涼しいもので、現場へ向かうラジオからは富士山で今シーズン初冠雪を観測したというニュースが流れてきました。
下界に住む私たちのところに雪が降るのはまだまだ先の事でしょうが、何となく薪ストーブ心をくすぐられる感じがして、ちょっと嬉しくなりました。

いや、最近のブログの書き出しはすっかり秋ネタばっかりですね。
それでもやっぱり待ち遠しいのですから、仕方のないことと御勘弁を。

 
さてさて、今日は神奈川県までバーモントキャスティングスの最大機種、デファイアントの本体設置工事に行ってきました。
東京ストーブのショールームではメインのストーブとしていつも焚いているのですっかり見慣れたつもりでしたが、やっぱり現場で見るとデカイ!ですね!!!
しっかりと養生をしつつ、定位置にセッティングして参りました。
デファイアントデファイアントの横顔デファイアントの後姿

 
こちらのお宅は炉台が広くて、かつ片側に寄せて広く空けているので、薪やツールもしっかり置けるし使いやすいことでしょう。
さらにストーブの向こう側はキッチンになっているので、下ごしらえした料理をサッとストーブトップに乗せて料理することもできるんです!
デファイアント_2
リビングからは炎を眺めてくつろぎたいし、ストーブクッキングも存分に楽しみたい!
というこのレイアウト。
きっとこの冬はストーブの暖かさと美味しい料理に包まれることでしょう。

さらにこだわりはキッチンカウンターと高さをそろえた炉台。
炉台
リビング側から見て圧迫感をあたえない納まりです。
通常の壁際に設置する場合はもっと高さが必要なのでこうはいかないですが、
このレイアウトならではですね。

薪の準備も着々と進めていらっしゃって、早く冬よ来い!といったところでしょうか。
とはいえ、まださすがに暑いので火入れはまた後日となりました。

今から待ち遠しいことでしょうね!

薪ストーブ専門店 東京ストーブ
TOKYO STOVE SUPPLY


コメントを書く