Sep 26, 2012 - 薪ストーブ    No Comments

バーモントキャスティングス 技術研修

ツイッターでもつぶやいていた通り、昨日は技術研修で長野県は駒ヶ根市にある、
バーモントキャスティングスの輸入元ファイヤーサイドへお邪魔してきました。

もちろん東京ストーブのスタッフは基本的なメンテナンス技術や知識は持っていますが、
さらなるスキル向上のため、FSにお願いしてこのような機会を設けてもらいました。

普段はなかなか見ることが出来ない、アメリカから入ってきたままの状態の
アンコールやイントレピッドを、いかにクオリティを上げて出荷しているの等々、
しっかり勉強してきましたよ。

 
フロントドアの調整

現場で苦労するのがこのドアの調整。
最近の場合はそれほどでもないですが、メンテナンスで以前のアンコールなんかに遭遇すると、ドアの調整が必要な場合も。

コツとか、手順とか、実際に目の前でいとも簡単にやっているのを目撃すると、
なるほどなと思うと同時に、職人技にうなずいてしまいます。

 
お次はアッシュドアの調整。

良い状態がどんなものなのか。
調整だけで上手く納まらなかった時の対処法など、裏技も教えて頂いちゃいました!

 
その他にもダンパーランプの調整とか、イントレピッドのファイバーロープとか。

ホウロウのパテ埋めなんかも。

早足になりましたが、その他にも座学からズクショップの案内、そして夜は、
ポールさん大澤さん村田さんとの会食まで、大いに盛り上がり楽しみました。

 

あ、個人的に気に入ったのはトイレの中のレゾリュートとダントレス。
入ったらちょっとビックリするけど、なんか良いです。

こういうこだわり、大好きです!

さて、今日も引き続きたっぷり勉強してきます!
では。

 
薪ストーブ専門店 東京ストーブ
TOKYO STOVE SUPPLY


コメントを書く