Apr 16, 2010 - 薪ストーブ    No Comments

2台の煙突

先日のブログでご紹介したように、東京ストーブのショールームは煙突を二又にわけています。
せっかくなので、2台同時に焚いてみました。
まずはデファイアントから。
ピキャン側の煙突ダンパーは閉めた状態で点火です。



次にピキャンオーブンに点火。
ドラフトが通常より弱いことが予想されるので、着火材で少し煙突を暖めてから薪に火をつけました。


とりあえず燃えてくれました。
ピキャンは空気の取り入れ口がフロントガラスの下側にあります。
なので、正面から入った空気は薪が燃えている炉室を通過して、そのまま炉室後方の煙突口へと抜けて行きます。
言ってみれば、吹子で燃えている薪に空気を吹きつけるような感じですね。
ゴーっと燃えます。
その頃、デファイアントも少し火の勢いが弱くなったものの、なんとか燃えています。



ところが。
デファイアントのストーブトップの温度が上がってきたので、ダンパーを閉めると途端に火の勢いが落ちてしまいました。
やはり通常よりドラフトが弱いんですね。
マズイ!と、ちょっと焦ったのでその後は写真を撮り損ねてしまいました・・・。
当然ですが、片方の空気調整を絞ると、もう一方の火に勢いがでたり、反対に空気調整を開けると、火の勢いが弱くなったり。
すごく扱いが難しいです。
ショールームみたいに並べて見せるだけならまだ良いですが、家庭でこれをやるとなると・・・。
火の状態がいつどうなるか分からないので、安心して使えないですね。。。


薪ストーブ専門店 東京ストーブ
TOKYO STOVE SUPPLY


コメントを書く