NEWアンコール&NEWデファイアント

東京ストーブのショールームでも一番目立つ真ん中で開店以来ずっと焚いているバーモントキャスティングス社のデファイアント。
そして、「薪ストーブといえば」というくらい日本では定番のバーモントキャスティングスが誇るフラッグシップモデル、アンコール。

この2機種のニューモデル発売がいよいよ発表されました!
先日、日本の総輸入元ファイヤーサイドで販売代理店向けの新機種発表会が行われ、実際に見てきましたのでその様子も含めてご紹介したいと思います。
 
 
ということで、まずはこちらの1枚。
ファイヤーサイド本社にあるズクショップでは早速NEWアンコールが燃焼されていました。
NEWアンコール

外見はほぼアンコールそのままに、燃焼方式が従来の触媒方式からフレックスバーン方式に新しくなったこのNEWアンコール。
本国アメリカでは2年以上前から発売されていて、ずっと日本でも「いつ発売されるのか!?」と噂されていました。
発売当初は「アンコール2N1」という名前でしたが、バーモントキャスティングス社の期待を表す形で最終的に「アンコール」として名前はそのままに発売される運びとなりました。 
 
 
フレックスバーン燃焼ボックス
その最大の特徴は写真に写っている二次燃焼ボックスにあります。
これまでのアンコールに代表される触媒方式の弱点、メンテナンス性の煩雑さを相当解消しています。

アクセスパネル
写真手前に写っている2枚のパネル(乗っかっているだけ)を外すだけで、ご覧のように触媒にアクセスできます。
これまでのように、熱で変形して取れなくなることがあるスロートフードや、重い鋳物のファイヤーバックプレートを外さなくてよいのは、本当に簡単になりました。

これならば、「お客様ご自身で触媒交換できますよ」とおすすめできますね。

 
そしてもう一つの特徴は「フレックスバーン」という燃焼方式にあります。
フレックスバーンは、一言で言ってしまえば「エヴァーバーン+触媒」ということです。


基本はエヴァーバーンに近いので、上の写真のように炎が二次燃焼ボックスに吸い込まれていく感じになります。
この後、燃焼ボックス内でエヴァーバーン(要はボックス内でクリーンバーン)して、燃えきらなかった可燃性ガスが触媒で処理されるという流れです。

ズクショップでは、燃焼に造詣が深いことで有名な某ストーブショップのAさんが「薪の置き方で二次燃焼時でも炎を出したり、出さなかったりできるのが良いところ」と言っていたのが印象深いです。
東京ストーブのショールームに展示機が入ったら、是非いろいろと試してみたいですね。
 
 
出来れば着火から二次燃焼に移行するまでの早さであるとか、燃費の面も検証したかったですが、さすがにそこまでは出来ず、しばらくお預けです。
想像だけで言えば、二次燃焼用空気が多く入る構造になったので触媒機のアンコールよりは燃費は落ちそうな気がしますが、このあたりは煙突のドラフトにもよりそうですね。

なにはともあれ、早く自分で焚いてみたい、というのが今の気持ちです。
そうそう、今の時期なので気温が17,8度あったこともありあますが、アンコールめちゃめちゃ暖かかったなぁ。

薪ストーブ専門店 東京ストーブ
TOKYO STOVE SUPPLY

ネスターマーティンと煙突掃除と東京ストーブの近況

梅雨真っ只中ですが、今日はだいぶ暑かったですね。
どうやら夏はすぐそこまで来ているようです。

それにしても随分とブログの更新が滞ってしまいました。。。

今の時期は比較的穏やかな日々なわけですが、それでも煙突掃除・メンテナンスに
煙突工事、本体設置とあちらこちらへお伺いさせて頂いています。
本当にありがたいことです。

そんな最近の数枚。
コンツーラ C580ヨツールF100
煙突掃除前煙突掃除前煙突掃除後

 
そして、先日はこの時期恒例の京都での代理店会議にも出席してきました。
ネスターマーティン社のクリス氏(ベルギーから来日!)と、マネージャーのツーショット。
ネスターマーティン社クリス氏と

 
その他にも薪小屋を作ったり。
薪小屋

 
この春から新人スタッフも入社し、今年の冬に向けて日々特訓中です。
屋根工事研修

 
季節はこれから夏になるわけですが、我々はその先の秋、そして冬に向けて全力で進んでいます。
もちろんその前に、夏恒例のセールも開催する予定ですよ!
ちゃんとブログを更新して、お知らせしますのでぜひ遊びにいらしてくださいね。
 
 
そして、今年はいつもとは違うことにもどんどんチャレンジしていきたいと思っています。
薪ストーブの販売店として、新しい境地にレベルアップするべく色々と計画しています。

が、どんなことをするかは今しばらくのお楽しみ!

うちで薪ストーブを設置させてもらったお客様みなさんに、「うちは東京ストーブで薪ストーブをつけたんだぜ!」と自慢してもらえるような薪ストーブ屋さんで在れるように、頑張っていきます。
施工技術も、知識も、経験も、商品力も、価格も、サービスも、アフターメンテナンスも、あらゆる面で満足して頂ける東京ストーブで在りたいものです。
 
 
なんだか話が横道にそれてしまったので、今日はこの辺で。
明日は定休日、明後日は新商品の発表会でファイヤーサイド本社(長野県の駒ヶ根)まで行ってきます。
新商品もそうですが、全国のストーブ屋さんに会えるので楽しみです!

薪ストーブ専門店 東京ストーブ
TOKYO STOVE SUPPLY

スペシャルセールのお知らせ パート3(ラスト!)

薪ストーブのある生活。
はっきり言って憧れています。

東京ストーブのショールームで毎日ストーブに火をいれていますが、
とても楽しいです。
木の種類や薪の組み方によって、火のつき方、燃え方、臭いが全く異なります。

薪ストーブは3度暖まるとよく言いますが、その通りだと思います。
薪を集めたり、割ったりは手軽ではありませんが、
その分薪ストーブに火をいれた時の喜びは格別です。

何より、薪ストーブがついていると、自然にみんなが集まるというところが
個人的には一番好きです。

と、前置きが長くなりましたが、
今回のスペシャルセールの最後は 薪ストーブ です。
もっと多くの方に、薪ストーブのある生活を楽しんで頂けたら。。と思い、
今回東京ストーブでは初めてストーブ本体のセールを実施します。

今まで、薪ストーブの購入を悩んでいらっしゃった方、
是非この機会にご検討くださいませ。

対象商品
●JΦTUL F250  定価330,000円の35%OFF(1台限定)

●JΦTUL ウォーム1 定価320,000円の30%OFF(1台限定)
●JΦTUL F500 ブルーブラックエナメル (展示品) 定価570,000円の30%OFF

●ハースストーン フェニックス (展示品) 定価490,000円の30%OFF

そしてそして。。。
●ネスターマーティン全機種(先着5台限定 )定価より25%OFF

展示品に関しましては、一度ショールームにて現品確認をお願い致します。
また、今回の薪ストーブセールは、
ご契約5月末まで、当店で煙突と合わせて施工を8月末までに可能なお客様のみとさせて頂きます。

ご理解ご了承のほど何卒宜しくお願い致します。

パート1から続いたスペシャルセールのご案内、いかがでしたでしょうか。
セール期間は、4/15~4/30となります。
気になる商品がございましたら、ご連絡くださいませ。

店舗住所:東京都下高井戸2-6-2 2F (水曜定休)
TEL:03-6304-7994
Email:stove@caicraft.jp

ではでは。
体調の崩しやすい春ですが、
みなさま風邪にお気を付けくださいませ~!

スタッフK

薪ストーブ専門店 東京ストーブ
TOKYO STOVE SUPPLY

ページ:«1...23242526272829...89»