7月 23, 2011 - 薪ストーブ    No Comments

煙突施工と現場下見

ツイッターでつぶやいていたように、昨日は煙突施工、今日は現場下見でした。

昨日の現場は、設計の最初の段階から細かいディテールまで色々とお打合せをしていたお家です。
薪ストーブだけでなく、お家の隅々に設計士さんとお施主様のそんなこだわりが感じられるお家です。

前回来た時からぐっと工事も進んで、炉壁も出来ていました。
貫通部分もこだわって、壁からの流れで漆喰塗りです。

炉壁は漆喰塗り。

空気層を設けているので、ストーブ周りだけせり出していて角は丸みをつけて綺麗に仕上がっています。

ストーブはアンコールを設置します。

そして、肝心の煙突は当初の予定より窓が大きくなったり、若干の変更はありましたが、
現場あわせで問題なく納めてきました。

次回はいよいよ本体設置工事。
8月中の予定です。

 
そして本日の現場打合せのお宅です。

高台にたっているお宅で、さらにお家が道路から上がったところに建っているという、眺めの良さそうな立地です。

そしてお家の向かいは、、、

こんな感じでした。

自然が広がっていて、本当に気持ちの良い場所です。

こちらのお宅も煙突工事を来月行います。
今から楽しみです。


薪ストーブ専門店 東京ストーブ TOKYO STOVE SUPPLY

7月 20, 2011 - 薪ストーブ    No Comments

ピキャンオーブンの設置

東久留米市でピキャンオーブンの設置をしてきました。
5月に屋根から吹き抜けの途中まで煙突工事を済ませていたので、残り部分の煙突と本体の設置です。

台風が近づいていることもあって、雨が降ったり止んだりの中での搬入。
すでに綺麗に仕上がっている室内を汚さないように、しっかり養生をしての作業でした。

 
雨が止んだ瞬間を見計らっての搬入作業だったので、工務店の監督さんと職人さんも手伝っていただいて、とても助かりました。
そんなわけで、ゆっくり写真を撮っている余裕も無かったので設置後の写真のみです。


壁も天井もすべて漆喰仕上げで、フローリングは無垢材です。

支持金物や貫通部分の化粧板も漆喰に合わせて白で塗装されていて、設計士さんと施主様のこだわりが感じられます。
吹き抜けや大きな窓が開放感のある素敵な空間を演出していて、そこにすらっと煙突が伸びているのが素敵ですよね。

薪ストーブを含めて、本当に居心地の良いお家だなと思いました。
そんな素敵な家づくりのお手伝いができるのは本当にありがたいなぁと感じます。

お引渡しは8月上旬。
今から楽しみです!


薪ストーブ専門店 東京ストーブ TOKYO STOVE SUPPLY

7月 16, 2011 - メンテナンス    No Comments

BIG FOOTオリジナル薪ストーブ

今日は所沢市でメンテナンスでした。

薪ストーブはBIG FOOT(現BESS)のオリジナル薪ストーブ。


BESSのオリジナルブランドですが、ドブレの500Gに似ていますよね。

天板が大きくなっていたり、表面の仕上げや窓の形が違ったりしますが、燃焼用空気の流れや二次燃焼の機構など、中身の構造はほぼ同じです。

ちなみに写真は掃除後のものです。

導入されて3シーズン程ということですが、週末に使うのみなので、1シーズン20日くらい焚いていたそうです。
さて、煙突の中のほうはというと、、、。


えー、全く見えないですね;

フラッシュを焚かないと何にも見えません。

さあ、気を取り直して、

問題無いといえる範囲の煤の量でしょう。
しっかり掃除してきました。


平屋部分に煙突が立っているので煙突高が4m弱ということもあって、着火直後はたまに逆流することもあったとか。
煙突を先に暖められる着火方法などをご説明してきました。

今日のお宅は屋根勾配も緩やかで、アクセスも簡単なので作業もしやすく有り難かったです。
今の時期、屋根の上は灼熱ですからね・・・。
急勾配の屋根だと神経を遣うので、暑い時期はつらかったりします。

ご家族の皆さんに、こんな暑い日に大変ですねとお気遣い頂いて恐縮しつつ、とても気持ちの良いお仕事をさせてもらいました。
今はまだまだ暑いですが、薪ストーブ生活を楽しんでください!

ありがとうございました。


薪ストーブ専門店 東京ストーブ TOKYO STOVE SUPPLY

ページ:«1...50515253545556...98»