Jul 5, 2010 - 薪ストーブ    No Comments

薪ストーブ設置工事

以前ブログでご紹介していた現場に薪ストーブを設置してきました。
今回の物件では飲食店ということで、今回は通常は使わない排気ファンを取り付けました。
厨房の換気扇はかなり強力に排気するので、薪ストーブの自然ドラフトでは負けてしまうケースがありますので・・・。
とはいえ、排気ファンはあくまでも補助の役割。
しっかり燃え始めて温度が上がってくれば、ファンをがんがん回さなくても充分キレイに燃えてくれます。
ファンを回しすぎると、炎が引っ張られるように燃えて薪ストーブらしい炎のダンスが見られなくなってしまいますからね。
排気ファンはこんな感じ。



そして薪ストーブは・・・こんな感じになりました。





お店の核となるような、こだわりの展示です。
夏場でも薪ストーブを焚けるように、すぐ上に冷風が出てくるダクトを設置するそうです。
薪ストーブの炎を見ながら、ちょっと一杯。
まさにそんなお店になりそうです。
今から完成が楽しみですね!
お店の工事はまだ続くので、取扱説明はまた後日ということになりました。
その様子も是非ブログにアップしたいと思います。
お楽しみに!


薪ストーブ専門店 東京ストーブ
TOKYO STOVE SUPPLY

Jul 2, 2010 - ログキット    No Comments

ドアの取り付け

ログ本体は組み上がったので次はドアや窓を取り付けていきます。
今回は間仕切りの壁を立てて2部屋に区切るので、ドアも窓も2つずつ取り付けます。
通常はドアは1つしかないので、追加のドア部分は開口してやる必要があります。
ということで、丸ノコでドアの形に開口しました。



外から見るとこんな感じです。



窓も同じ要領で大きさに合わせて丸ノコを入れて、開口してはめ込むわけですね。
そして表のドアも取り付けます。
こちらは幅も大きいので二人ががりです。



ドアと窓が付くとこんな感じになります。
何だか一気に雰囲気がでてきますよね!



こうやって少しずつ出来上がっていくのが、またログキットの楽しみですね。
次回は間仕切りの壁を立てていきます。
お楽しみに!


薪ストーブ専門店 東京ストーブ
TOKYO STOVE SUPPLY

Jul 1, 2010 - ログキット    No Comments

ログガレージ組立その3

今回のブログでも引き続きログガレージの組立の様子をお届けします。
屋根の下地となる野地板を貼ったので、次は防水シート(カラールーフィング)を貼ります。


これを張ることで雨水をシャットアウトします。
ルーフィングの上に屋根材を張っていくのですが、その前にここで水切り金物を取り付けます。


水切り金物が付くと、なんだかグッと引き締まって見えますね。
前からみるとこんな感じになりました。



そしていよいよ屋根材を貼っていきます。
今回、使用した屋根材はアスファルトシングルという屋根材です。


アスファルトシングルは軽く、カッターでも切ることができるので作業も簡単ですみます。
セルフビルドする場合にオススメですね。
貼り終わりはこんな感じになりました。



最後に頂部にも金物を取り付けて、屋根が完成です!



ここから先はドアや窓を取り付けたり、仕切り壁を立てたり、内装工事になっていきます。


薪ストーブ専門店 東京ストーブ
TOKYO STOVE SUPPLY

ページ:«1...55565758596061...88»