Jun 27, 2010 - ログキット    No Comments

ログガレージ到着

いよいよログガレージが到着しました。
なんと、梱包の長さが6m、重さ1tもあります。
さらにはドアや窓、屋根材、金物などなど、全部合わせるとかなりの量です。
本来はクレーンで吊って降ろしたいところなんですが、今回はスペースの関係でクレーンで降ろせる場所までトラックをつけられないので、梱包をばらして一つ一つ手降ろしになりました。


これを全部手で降ろすわけです。。。


屋根に使う短い野地板は5~6枚まとめて持てるんですが、それ以外の壁材なんかは1本1本降ろすしかないので、大変でした。
全部降ろすとこんな感じになりました。


車が1台置けるスペースが丸々埋まってしまいました。
これを全部組み上げるのかと思うと、なかなかの大仕事になる気がしてきました。
この日は残りの時間で、ログの壁を立ち上げていく下地となる大引きを基礎ブロックの上に回しました。



ここまでくると、何だかいよいよ・・・という気持ちになってきました!
明日はいよいよ壁を立ち上げていきますよ!
さあ、どこまで進むかなぁ。


薪ストーブ専門店 東京ストーブ
TOKYO STOVE SUPPLY

Jun 24, 2010 - メンテナンス    No Comments

デファイアントのメンテナンス その2

さて、昨日のブログの続きです。
バラしたパーツは煤がついているので、これも綺麗に掃除してあげます。
ワイヤーブラシでゴシゴシと。



煤や灰がついていたウェッジも。



こんなに綺麗になりました。



グリドルも・・・。



ご覧のとおりです。


綺麗になるって気持ち良いものですよね。
こうやって綺麗にしてあげると、来シーズンもまた気持ち良く暖を生み出してくれそうな気がします。
せっかく中を綺麗にしたので、外見も綺麗に。
クッキングをしたりすると、油や汁が飛んだりして錆びたり、ついつい鍋やフライパンを引きずって塗装がはげたりしてしまうものです。
そんなときは以前のブログでも書いたストーブポリッシュを使います。


こんな感じで綺麗になります。
ストーブポリッシュを使うと、その後に最初に焚いたときは油の臭いがするので、シーズン前の慣らし焚きのときにしっかり窓を開けてあげましょう。
ということで、ショールームのデファイアントは新品みたいにぴかぴかになりました。


薪ストーブ専門店 東京ストーブ
TOKYO STOVE SUPPLY

Jun 23, 2010 - メンテナンス    No Comments

デファイアントのメンテナンス

東京ストーブのショールームで、実演機として今シーズン活躍してくれたデファイアント。
もうさすがに焚くことはあまりないので、本体のメンテナンスをしました。
まずは炉内の灰を取り除きます。



炉床を覆っていた灰がすっかりなくなりました。
灰が残ったままだと、オフシーズン中は湿気を吸って炉内が錆びやすくなります。



ここからバラして掃除をしたり、破損・ゆがみが無いかチェックしていきます。



触媒を掃除・チェックするために、耐火レンガ、ファイヤーバックをはずします。



セラミックボックスから触媒を取り出します。



取り外したパーツです。



ここまでバラすと炉内はこんな感じです。

続きの様子はまた次回のせます。


薪ストーブ専門店 東京ストーブ
TOKYO STOVE SUPPLY

ページ:«1...57585960616263...88»