9月 24, 2010 - 薪ストーブ    No Comments

秋が来た!薪ストーブです。

ついこの間まで30℃を超える暑さだったというのに、その翌日には20℃にもいかない涼しさが待っていました。
前日までの暑さのイメージもあって、気温以上に寒く感じますね。
今日はとても冷えました。
さあ、寒くなってきたら・・・、やっぱり薪ストーブですよね!
薪ストーブユーザーのみなさんは今か今かと心待ちにしていたことでしょう。
というわけで、東京ストーブでも早速火入れをしましたよ!
まずはシーズンオフに取り除いていた灰を元に戻しました。



灰に含まれる炭酸カリウムは助燃触媒なので、炉床に敷いてやることでしっかりとした燃焼を促すことが出来ます。
他にも薪ストーブ本体の炉床を保護したり、良い事がいっぱい。
なのでシーズン中、灰はキレイに取り去ってしまわずにある程度残してやると良いですね。
少し話がそれましたが、薪を組んでいよいよ着火です!
ワクワク、ドキドキ。
何度火をつけても、この瞬間は楽しいものですね。
と思って夢中になっていたら、写真を撮り損ねてしまいました・・・。
気がついた時にはすっかり燃えています。



写真の状態は、慣らし焚きも終わって本焚きに入った後です・・・。
シーズン最初は一気に高温になるまで焚かずに、ストーブトップで200℃以下で焚いて、ストーブが冷めたらまた焚いて、という慣らし焚きをしてあげる必要があります。
準備体操をしないまま全力で運動すると怪我につながるのと同じように、ストーブも慣らしをしてあげないと破損につながってしまいます。
さあ、これでいつ寒くなっても大丈夫ですね!
基本的に寒いのは苦手なんですが、薪ストーブがあると寒くなるのが楽しみになります。
これは本当に。
今日はそんな、寒さが待ち遠しいなぁと思っている自分に気づいて新たな発見でした。
明日もまだ寒いようなので、焚いてみようかな・・・。


薪ストーブ専門店 東京ストーブ TOKYO STOVE SUPPLY

9月 20, 2010 - ログキット    No Comments

ログハウスのご紹介

ずっとブログでご紹介してきたログハウス。
完成の様子をまだご紹介していなかったので、写真を交えてお伝えしたいと思います。
今日はまずログガレージから。
外観は前回のカイミュージックオープンのブログでも載せていましたね。
ということで、今回はその中をご紹介したいと思います。
まず正面のドアを開けると・・・。
ジャーン!!!


こんな風になっております。
ログハウスといえばやっぱり薪ストーブ、ということとでバーモントキャスティングス社のアスペンを展示しています。



煙突は途中までしかつなげていないので、実際に焚くことはできませんが、雰囲気は十分味わうことができますね!
そして薪ストーブの隣にはオレンジ色のイスと丸テーブル。


無垢の室内とオレンジ色が妙にマッチします。
ここに座ってのんびりコーヒーでも飲んだりできたら・・・。
素敵なくつろぎタイムですね!
写真では伝わらないんですが、入ると木の香りがしてとても落ち着きます。
本来はついていない間仕切りの壁をたてて2部屋に分けているので、ちょっと狭いかなと想像していたのですが、思った以上にスペースがあって圧迫感を感じないですね。
やっぱりログハウスらしい無垢木の壁のせいかもしれません。


薪ストーブ専門店 東京ストーブ TOKYO STOVE SUPPLY

9月 15, 2010 - メンテナンス    No Comments

薪ストーブシーズンへの準備

日に日に涼しさを増して、いよいよ薪ストーブのシーズンが近づいているなと感じている毎日です。
前のシーズンで頑張ってもらったストーブに、今シーズンもよろしくねとメンテナンスをしてあげましょう。
ここ最近はそんなお客様が多く、あちこち煙突掃除、メンテナンスに行っています。
ということで、そんな様子をちょこっとご紹介します。


ヨツールのF373です。
縦長タイプのモダンなデザインが素敵なストーブです。
昨年導入されて初めての煙突掃除ということでご夫婦ともに興味津々で色々とお話をさせてもらいました。
初めてのシーズンということもあって、試行錯誤しながら冬の間は毎日焚かれていたということです。
そして煙突の様子はというと、こんな感じです。



煙突の中はこんなです。



これをブラシでゴシゴシするわけです。



こうしておけばいつ寒くなっても大丈夫ですね!
まだ煙突掃除や本体のメンテナンスをやっていないという方は、そろそろ準備の季節ですよ。
楽しみな季節が近づいてきましたね。


薪ストーブ専門店 東京ストーブ TOKYO STOVE SUPPLY

ページ:«1...57585960616263...96»