7月 2, 2010 - ログキット    No Comments

ドアの取り付け

ログ本体は組み上がったので次はドアや窓を取り付けていきます。
今回は間仕切りの壁を立てて2部屋に区切るので、ドアも窓も2つずつ取り付けます。
通常はドアは1つしかないので、追加のドア部分は開口してやる必要があります。
ということで、丸ノコでドアの形に開口しました。



外から見るとこんな感じです。



窓も同じ要領で大きさに合わせて丸ノコを入れて、開口してはめ込むわけですね。
そして表のドアも取り付けます。
こちらは幅も大きいので二人ががりです。



ドアと窓が付くとこんな感じになります。
何だか一気に雰囲気がでてきますよね!



こうやって少しずつ出来上がっていくのが、またログキットの楽しみですね。
次回は間仕切りの壁を立てていきます。
お楽しみに!


薪ストーブ専門店 東京ストーブ
TOKYO STOVE SUPPLY

7月 1, 2010 - ログキット    No Comments

ログガレージ組立その3

今回のブログでも引き続きログガレージの組立の様子をお届けします。
屋根の下地となる野地板を貼ったので、次は防水シート(カラールーフィング)を貼ります。


これを張ることで雨水をシャットアウトします。
ルーフィングの上に屋根材を張っていくのですが、その前にここで水切り金物を取り付けます。


水切り金物が付くと、なんだかグッと引き締まって見えますね。
前からみるとこんな感じになりました。



そしていよいよ屋根材を貼っていきます。
今回、使用した屋根材はアスファルトシングルという屋根材です。


アスファルトシングルは軽く、カッターでも切ることができるので作業も簡単ですみます。
セルフビルドする場合にオススメですね。
貼り終わりはこんな感じになりました。



最後に頂部にも金物を取り付けて、屋根が完成です!



ここから先はドアや窓を取り付けたり、仕切り壁を立てたり、内装工事になっていきます。


薪ストーブ専門店 東京ストーブ
TOKYO STOVE SUPPLY

6月 30, 2010 - ニュース    No Comments

エッセの新機種 ブライトン発表会

充実した機能性とルックスを兼ね備えたクッキングストーブのエッセ。
そのエッセから新機種が発表されるということで、輸入元のグランビルで開催された新機種発表会に行ってきました。
今回、新たに発表されたエッセ200ブライトンはクッキングストーブではなく、通常の薪ストーブです。
こちらがそのエッセ200ブライトンです。



フロントの窓が大きくて、炎が良く見えますね。
燃焼方式がクリーンバーン方式なので、オーロラのように揺れる炎を堪能できる造りになっています。
価格も、定価で298,000とリーズナブルな設定になっています。
発表会では、実際に焚いて機能や特徴の説明がありました。



ブライトン以外にも、ハンプトンエッセクッキングストーブ、ガスストーブなどの説明もあって勉強になりました。



エッセクッキングストーブの説明をしている黒田さんは、ご自宅で実際にエッセクッキングストーブを使われているそうです。
実際に生活の中で使っている方からお話を聞くのはとてもためになります。
寝る前にストーブに料理をかけて寝ると、何もしなくても朝には出来上がっているとか・・・。
良いですよね~。
こちらはフランスの薪ストーブ、ゴダンです。



このフォルムが特徴的ですよね。
受注発注なので納期まで多少の時間がかかりますが、このデザインが好きな方にはたまらないでしょうね。
薪ストーブずくし、色々なお話も聞くことが出来て楽しい時間でした。


薪ストーブ専門店 東京ストーブ
TOKYO STOVE SUPPLY

ページ:«1...60616263646566...93»